後悔しないために埼玉の看護学校の選び方を見極めよう

国家試験の合格率を事前に確認しておくようにしましょう

高校生の時に看護師になりたいと夢をもちました : 後悔しない看護学校の選び方の1つは学べる期間を把握すること : 国家試験の合格率を事前に確認しておくようにしましょう

そして三つ目には国家試験の合格率を事前に確認しておくようにしましょう。
合格率は学校ごとに発表されていますが、合格率が極端に低い場合には、せっかく入学したとしても教育を受けることができなかったり、環境や教師の質が不十分である可能性が考えられます。
とはいえ良い教育が受けられて、学習環境が整えられていたとしても、本人の意欲がなければ合格することはできません。
合格率に関しては極端に低くなければそれほど気にする必要はありません。
そして費用を気にする人も多いことでしょう。
看護学校だけではなく、自分が通う学校を選ぶ場合には、一番費用の面を重視する人も多いものです。
一般的に看護学校と聞くと費用が高額なイメージが高いかもしれません。
大学の場合には通う年数が長く、カリキュラムや施設が充実しているので、学費は比較的高めと言えます。
三年制の学校では比較的安めになることが多い傾向があります。
看護学校の学費は入学金と授業料、実習費と設備費の四つに分けられますが、この他にもテキスト代なども意外とかかるため、把握しておく必要があります。
それと同時に学校独自の看護奨学金制度があるかどうかも確認しておきましょう。
卒業した後に指定された病院で一定期間を勤務すると、奨学金を返済しなくても良い学校もあるので、このような制度を利用することにより、就職活動の必要もなくなるのです。
最後に考えておきたいことが通学時間です。
合格すれば何年かはその学校に通わなければなりません。
必ず実習も行われ、朝早く出なければならないこともあるでしょう。
実習が終わった後にはレポートなどを書かなければならないので、あまりにも通学時間がかかると後悔する可能性も考えられます。
自宅から遠い学校に魅力があり受験しようと考えているのであれば、下宿も視野に入れることが大切です。
とはいえ下宿をするとなるとやはりそれなりに費用もかかるので、保護者と相談する必要があります。
このような様々なポイントを押さえたうえで、私は一つの学校を選びました。
しっかりと知識と技術を学び、現在では看護師として働いています。